デスノート 作風

作風
本作におけるバトルとは、裏の裏の裏を読むといった常識外れの「知略戦」である。これに類する他作品としては、『ハンター×ハンター』 『賭博黙示録カイジ』 『遊戯王』 『ジョジョの奇妙な冒険』 などが挙げられる。これに加え、『金田一少年の事件簿』などのミステリで使われる、犯人の裏をかいて追いつめる要素も、この作品の面白さの一つだろう。

また、本作では「現実世界における怪奇的な犯罪」を扱っており、作品全体のダークでシリアスな雰囲気は、『リング』 『パラサイト・イヴ』などの現代ホラー作品に近い。

本作が、小中学生の読者にも人気になった理由としては、DEATH NOTEが学校で話の種になりやすい「不幸の手紙」などの『都市伝説』の要素があった事も、大きな要因だろう。また人をはずれた力を持つというのが、星新一の作風との共通点でもある。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。