デスノート 登場人物:魅上照(みかみ テル)

魅上照(みかみ テル)
検事。西京都検察庁に勤務。過去の複雑な経緯を経た後、キラを神と崇拝・信奉するようになる。キラに対して異常なほどの忠誠心を持っていた事から、キラである夜神月からデスノートを与えられ、デスノートの所有者となる。新世界の創世の為に死神の目の取引をし、キラの代理として世界中の犯罪者を裁いていく。基本的にキラの胸中を察して行動するが、その正義感の強さはキラのそれを越える。卓越した頭脳と分析力、運動神経を持ち、夜神月の予想以上の戦力となる。非常に規則正しい生活を行う潔癖症で、毎日同じことを同じ順番で繰り返す。尊敬する人物はウィンストン・チャーチル。眼鏡を着用。京土大学法学部卒業。なお、ノートで裁きをする際に、「削除」と口にする奇癖がある。1982年6月7日生(27歳)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。