デスノート 登場人物:リューク

リューク(Ryuk)
夜神月にデスノートを与えた死神。性別はオス。ノートを落とした理由は、死神界での退屈な日々に嫌気がさし、死神大王が遺失物として預かっていたシドウのデスノートを騙し取り、人間に使わせようと人間界へわざとノートを落とした。ノートの最初の所有者である月に憑き、何をする訳でもなく月の行動全てを傍観する事を楽しみとしている。第二部では月の計画によりジェラスのノートを所有した後、そのノートの現所有者であるミサに憑いていたが、月の所有していたレムのノートの所有権を授かり、日本捜査本部にその姿を現す。リンゴが大好物で、食べないと体を捻ったり逆立ちしたりなど、人間界で言う酒やタバコに似た禁断症状が出る。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。