デスノート 死神のルール:基本的なルール

基本的なルール
死神は、デスノートを最低1冊は必ず所有していなければならない。
人間をデスノートで殺すと、デスノートで殺されずに死ぬはずの寿命との差分を自分の寿命としていただくことが出来る。
特定の人間への好意で、その人間の寿命を延ばすためにノートを使うと、その際ノートに書かれた人物と同時に死ぬ(ただし、死んだ死神が所有していたノートは消滅しない)。その死神の寿命は助けられた人間に見合った寿命として与えられる。
ノートを渡した人間に憑く、殺す人間を観察するために憑くなど特別な場合を除いて、死神は常に死神界にいなければならない。
死神は目で見える人間の名前を人間に教えてはならない。
ノートのない死神は他のノートの所有者についてのことを人間に話すことはできない。
死んだ死神を認知できていた人間でないと死んだ死神のノートを見たり触れたりすることは出来ない。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。