デスノート 死神のルール:死神の目

死神の目
死神が持っている目で、人間の顔を見るとその人間の名前と寿命がわかる。
ただし自分を含め目で見た人間がノートの所有権を持つものである場合、名前しか見ることができない。
既に死んだ人間は名前も寿命も見えない。
目で見える寿命はデスノートの使用に関係なく本来死ぬはずの寿命(デスノートを使われずに過ごして死ぬはずの寿命)。
目で見える名前は戸籍などにある名前とは関係ない(本人が実質的な本名として認知している名ではないかと思われる)。 例え名前がなくとも、殺すために必要な名前は見える。
デスノートの所有権を持つ人間は、自分についている死神に自分の残りの寿命の半分と引き換えに、死神の目を手に入れることができる(死神の目の取引)。
人間に憑いている死神には、死神の目の取引について自分が憑いている人間に話す義務がある。
ノートの所有権を失うと死神の目の効力のみ失う(寿命は戻らない)。
一度所有権を失い、再度所有権を得て目の取引をした場合、再度寿命の半分を取らせることになる。
取引した人間の視力は、以前と関係なく3.6以上になる。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。