デスノート 実写映画

実写映画
前後編の2作に分けられ、2006年6月17日に前編が、2006年11月に後編「デスノート the Last name」が公開される。主演は藤原竜也、監督は金子修介、制作費20億円というスケールで製作されている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。